クロスレンジアサルト ドッグファイト・モード

ドッグファイト・モード(DFM)で敵機を華麗に撃墜することができたなら、ズームカメラ、ミサイル追尾カメラ、スローモーションなど、映画さながらのダイナミックなカメラワークが破壊の様を大迫力で伝えます。
プレイヤーは、コクピットから投げ出されるパイロットを目撃し、敵の機体の断末魔を聞くことになります。
エースコンバット アサルト・ホライゾンのコアテクノロジー 「クロスレンジアサルト(CRA)」が実現する「至近距離」とは、この距離感です。

また、アサルトサークルの中心に正確に敵機を捉えることができたなら、ドッグファイト・モード(DFM)が持つ殺傷能力は飛躍的に高まります。
熟練のパイロットであれば敵機の先を読み、迅速に次々と中心に捉え、獲物を狩り続けて敵編隊を殲滅させることができます。大空に破壊の嵐をもたらす、敵から恐れられるエースパイロットの体感です。

初めて挑戦する人が直ぐに快感を得られ、また、機体操作に熟練し、正確無比な攻撃ができるほどに、破壊とスピードの快感が加速的に増して行く、危険なエースパイロットであることが実感できる。
それを実現したのがドッグファイト・モード(DFM)です。

  • イメージ
  • イメージ

ドッグファイト・モード(DFM)中には、敵機が林立する高層ビルの隙間を目掛けて飛び込んだり、タワーが倒壊し、眼前いっぱいに鉄骨が降り注いだりするような劇的なシーンも起こりえます。
しかしながらエースパイロットであれば反射神経を研ぎ澄ませて冷静に、衝突を回避しながら、マッハで敵機を追い詰めることが可能でしょう。

  • イメージ
  • イメージ

言うまでもなく、敵機もプレイヤー同様にドッグファイト・モード(DFM)を仕掛けてきます。追われる立場となった時、パイロットであるあなたは、上昇下降・急旋回と激しく機体を操り、全力で敵機を翻弄し振り切る必要があります。
あるいは機体を操作し、急減速で一気に敵機を引きつけて距離を詰め、「カウンターマニューバー」を狙うこともできます。

  • イメージ
  • イメージ

プレイヤーが敵機と絶好の位置関係を作れば警告サインが表示されます。
この時すばやく入力を行うと、クルビットなどのアクロバティックな動きと共に自機が敵機の背後を取り返し、一瞬にして攻守交替の逆転劇を演じることができます。このエキサイティングな「瞬間の攻防」は空中の格闘戦の一局面として、エースコンバットに新たな駆け引きを生み出します。