クロスレンジアサルト ドッグファイト・モード

エースコンバット アサルト・ホライゾンでは「クロスレンジアサルト(Close-Range Assault:略称CRA)」と呼ばれる、画期的なゲームシステムを導入しました。
‘Close-Range Assault’はアクション性とシューティング性を飛躍的に高め、かつ、シネマティックなカメラで大迫力のビジュアルを提供するASSAULT HORIZONのコアテクノロジーです。
‘Close-Range Assault’によって、一新されたハイスピードのダイナミックでエキサイティングなゲームプレイは、ユーザーに過去へと戻ることのできない新しい体験をもたらします。

■ ドッグファイト・モード(Dogfight Mode:略称DFM)

眼前に迫る戦闘と爆発、ビルの隙間をマッハでアクロバティックに飛びぬけながらの敵戦闘機とのチェイス。 一転して遮る物もない剥き出しの空間、空で繰り広げられる、背後を奪い奪われの制空戦闘…。 敵機の主翼が四散し画面いっぱいに破片と炎が飛び散る至近距離からの苛烈な攻撃。

このような追いつ追われつのハイスピードの激しい攻防の駆け引きが、映画さながらの迫力と共に楽しめるアクションシューティング体験を提供するのが、クロスレンジアサルト(CRA)を元に生み出した「ドッグファイト・モード(Dogfight Mode:略称DFM)」です。

  • イメージ
  • イメージ

遠距離からのミサイル攻撃では仕留められないような敏腕パイロットと対峙した時は、ドッグファイト・モード(DFM)に持ち込みます。敵機の後方を取って接近するとドッグファイト・モード(DFM)状態になり、めまぐるしく回避機動を繰り出す敵機との近距離バトルが展開されます。

ドッグファイト・モード(DFM)中は、HUD中央に表示される「アサルトサークル」に敵機を捉え続けることで、ミサイルの誘導性が上がります。激しい動きの敵機を捉え続けるには、機体を操るパイロットの腕が試されるでしょう。

また、急激な回避を行う敵機には機関砲掃射も有効です。大口径弾の雨を浴びて動きが鈍った敵機は、「アサルトサークル」の格好の餌食となります。

  • イメージ
  • イメージ